新種保険

1.賠償責任保険

(一)施設賠償責任保険:保険期間中に、次の事項により施設経営者が法律上の損害賠償責任が負う場合、保険契約上の適用除外事項を除き、被保険者の実際の損害額を補償します。

(1) 施設の経営者または従業員による施設内での営業行為に起因して偶然な事故が発生し、第三者の身体または財物に損害が生じた場合

(2) 営業所内の施設または工作物に偶然な事故が発生し、第三者の身体または財物に損害が生じた場合

(二)製造物責任保険:商品の製造業者または販売業者が生産・販売する製品の欠陥により、製品の使用過程で偶然な事故が発生し、第三者の身体または財物に損害が生じた場合、被保険者が負う法律上の損害賠償責任について、保険契約上の適用除外事項を除き、実際の損害額を補償します。

(三)雇用者賠償責任保険:従業員の職務遂行中に偶然な事故によって身体損害が生じた場合、経営者が追う法律上の損害賠償責任について、保険契約上の適用除外事項を除き、実際の損害額を補償します。

2.その他の保険

(一)現金保険:運送中、保管中の現金が保険証券に記載の事故(窃盗、強奪、強盗、火災、爆発など)により損害を受けた場合、保険契約上の適用除外事項を除き、保険金をお支払いします。

(二)美術品保険:経営者が収蔵、出展または運送している美術品が偶然な事故により損失または滅失した場合、保険契約上の適用除外事項を除き、保険金をお支払いします。

3.工事保険

各種の工事期間中に偶然な事故が発生し作業工程に損害がもたらされた場合、工事業者が所有または使用している機械・電子設備・ボイラーが保険証券記載の偶然な事故により損失・滅失した場合、工事業者の損失に対して保険金をお支払いします。

4.身元保証保険

保証の対象となる社員が単独または他者と共謀で強盗、略奪、窃盗、詐欺、占拠のいずれかの不法行為を働き、被保険者の所有する財産あるいは被保険者が受託している他人の財産に損害が発生し、法律上の損害賠償責任を負ったとき、被保険者が保険期間中にその被害を発見し、かつ保険契約に基づいて保険会社に対して賠償請求した場合には、保険契約上の自己負担額を差し引いた部分を、保険金額を限度としてお支払いします。