傷害保険

1.個人傷害保険:偶然の事故によって保険の対象となる方がケガをした場合、あるいは死亡・後遺障害が生じた場合に保険金をお支払いします。

2.団体傷害保険:企業が社員の生活保障や福利厚生を充実させるための一環として手配する団体保険です。偶然の事故によって保険の対象である社員がケガあるいは死亡・後遺障害となった場合に保険金をお支払いします。