強制自動車賠償責任保険

強制自動車賠償責任保険は、保険の対象となる方が契約車両を使用または管理していて事故が発生し、同乗者や車外の第三者が怪我または死亡した場合、被保険者の過失の有無にかかわらず、保険会社は保険金請求権者に対して約定の保険金をお支払いします。被害者1名につき、治療費として20万元まで、死亡時には200万元が支払われます。一事故に対する保険金支払総額の上限はなく、被害者に後遺症が残った場合には、障害の程度によって後遺障害保険金が支払われます