法人向け火災保険

1.火災保険:火災、爆発事故による火災、落雷による損壊や滅失に対し、保険金をお支払いします。

2.爆発保険:爆発による直接の損壊や滅失に対し、保険金をお支払いします。

3.地震保険:地震による直接の損壊や滅失に対し、保険金をお支払いします。

4.台風・洪水保険:台風または洪水による、直接の損壊や滅失に対し、保険金をお支払いします。

5.煙害保険:偶然な事故に起因する煙害による直接の損壊や滅失に対し、保険金をお支払いします。

6.航空器墜落・車両衝突保険:航空機およびその墜落物、あるいは陸上または軌道上を走行する自動車に起因する、直接の損壊や滅失に対し、保険金を支払います。

7.水濡れ保険:以下を直接の原因として損壊・滅失が生じた場合に保険金をお支払いします。

①水槽、水道管その他の貯水施設の直接の破損または出水

②水供給設備、蒸気管、冷暖房及び冷凍設備の水蒸気が偶然の事故により漏れた場合

③雨水・雪・霜が屋根、窓または通気口から屋内に入った場合

8.盗難保険:保険の目的が置かれている場所に何者かが不法侵入して盗難をはたらいたことを直接の原因として損壊・滅失が生じた場合、保険金をお支払いします。

9.賃料損失保険:補償の対象となる事故を直接の原因として保険の目的に損壊・滅失が生じ、賃料収入が得られなくなった場合、実際の損害額について保険金をお支払いします。

10.スプリンクラー水漏れ保険:スプリンクラー裝置の水漏れ事故、水または他の物質の噴射、水源の倒壊や崩壊によって生じた毀損・滅失に対し、保険金をお支払いします。

11.ストライキ、暴動、騒じょう、悪意破壊行為保険:ストライキ、暴動、騒じょうおよび悪意破壊行為を直接の原因として生じた損壊・滅失に対し、保険金をお支払いします。

12.第三者賠償責任保険:保険の目的の火災・爆発により第三者の身体または財産に損害をもたらした場合、被保険者の法律上の賠償費用をお支払いします。

13.営業中断保険:補償の対象となる事故により保険の目的(製品を除く)が損壊・滅失したことを直接の原因として営業中断に至った場合、直接の損害額及び正常な営業を回復するための直接の費用について補償する保険です。