Corporate philosophy key visual
Breadcrumbs
  • Home
  • コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

公司治理主視覺

新安東京海上はサステナブルな経営を理念に掲げ、「ガバナンス体制の整備」、「取締役と監査役の職能強化」、「リスク管理の徹底」、「コンプライアンス重視」、「ステークホルダーの権利・利益の保障」、「情報開示」、「適正な内部統制・監査制度」等の原則に基づいてコーポレートガバナンスを強化しています。

当社ガバナンス体制のトップにあるのは取締役会です。取締役会メンバーの過半数は損害保険業界で長にわたりマネジメントを経験し、保険知識も豊富です。さらに取締役・監査役の多くが企業の経営管理・財務管理等の専門性を備えているため、経営判断、監督、リスク管理を適切にこなし、良好なガバナンス体制を構築するのに効果的です。取締役会の下にリスク管理委員会が設置し、またリスク管理部が独立部門としてリスク管理施策を執行し、保険会社としての資本の充足や支払い余力を確保して、健全な業務運営に貢献しています。

当社は各部門にコンプライアンス担当者を置き、コンプライアンス責任者がそのメンバーを定期的に招集して各部門のコンプライアンス取組状況を検証し評価しています。また、イントラネットにコンプライアンスコーナーを設け、法令の変更にともない随時社員研修や社内規則の見直しを行って、法令遵守体制の整備に努めています。

ステークホルダーの権利利益を保障するため、当社では情報開示の原則を掲げています。業務運営や財務状況などさまざまな分野の情報を開示し、株主総会、取締役会、お客様フリーダイヤル、お問い合わせメールボックス、お客様対応担当窓口、社員向け研修など、様々なステークホルダーに対し各種なコミュニケーション手段を確保し、そのニーズに応えるべく努力しています。

当社は、「保険業の内部統制及び監査制度実施弁法」に基づく内部統制・内部監査制度を設けています。内部監査室を取締役会直属の組織として設置し、監査担当者の客観性・独立性を維持しています。内部監査室は、会社の業務運営について監査・評価を行い、経営陣が管理責任を適切に履行できるよう取組んでいます。また、「監査ソフト分析技術」を積極的に活用し、監査の効率と質を向上させ、業務上の落ち度をいち早く発見して改善策を提起し、内部監査制度が有効に機能するよう努めています。