Corporate philosophy key visual
Breadcrumbs

CSR

活動參與主視覺

CSRを実践するに当たってまず必要なのは、コーポレート・ガバナンスを強化することです。健全な制度がなければ、従業員が安心して働くことも、お客様の信頼を得ることもできません。新安東京海上では適切なガバナンス体制を整備し、健全で透明性の高い行動規範を定めています。社員の福利厚生や人材育成を重視し、社員一人ひとりの競争力を向上させています。そして「他社にないサービス」をコンセプトに優良な商品・サービスを提供し、お客様の満足度を高めて新たな価値を創造し、社会的責任を果たすサステナブルな経営を追求しています。

新安東京海上のビジョンは「お客様を大切にするB.E.S.T.損害保険会社になること」です。私たちは、常に専門性の高い心のこもったサービスをお客様にお届けし、常に社会に貢献すべく努力することを自分自身に言い聞かせています。2005年から、「地域に根を張り、社会に関心を」を社会貢献活動のスローガンとして、各地で社員ボランティアを募り、経済的に恵まれない地域の児童に対する課外授業支援活動を通じて教育レベルの向上に取り組んだり、会社近くにある小学校の登下校時の交通安全ボランティアとして活動したりしています。2011年末からは社会の安全という課題に目を向け、保険会社のリスク管理経験を生かした

「飲酒運転撲滅キャンペーン」を展開し、「社会からいただいたものは、社会にお返しする」精神を徹底的に実践しています。

新安東京海上は、サービスのご提供を通じお客様そしてお客様のご家庭にお役に立ちたいと考えています。また、社員が生き生きと働き、家庭を大切にすることも会社にとって大切な課題です。各地で地域コミュニティと良好な関係を築き、安心して暮らせる環境をつくるため、社会貢献活動にも取組んでいきます。企業理念にあるとおり「社会の一人ひとりが安心して暮らせる環境づくり」こそが、私たちの最終的な目標です。